横浜推測伝説第一夜

何となく思い立ったのではじめてみた企画だ・・・。
唐突ながら、今日は少し、良くヒモ呼ばわりされる藤沢先輩について推測してみよう・・・。

まず、仕事をしているか仕事をしていないか、という事に関しては、
その『仕事』の定義になってくるのさ・・・。

一般に言われている『定職』についているか、と言えば、答えは間違いなくNOだ・・・。
人間、昼も夜も起きているのは不可能だからな・・・。
しかし、それによって生計を立てられるもの、と考えれば、思い当たる事はあるだろう・・・?

UOR全クラスを一晩で制覇したという伝説・・・。
もし本当なら、それだけでも結構な大金を手に入れる事が出来るのさ・・・。
横浜でGetRewardsしたPartsも、売って資金に変える事が出来る・・・。
それを生活費に使っているというのなら、確かに、足りなくなる事は無い筈さ・・・。

俺達の世界の常識で考えるから、昼間何をしているのか、という疑問が出る・・・。
しかし、あの世界は俺達の世界とは違う要素が存在する・・・。
・・・その一つの要素が世界にはまるだけで、世界というのは一変するものさ・・・。

俺は思う・・・あの世界には、きっと『プロ』の走り屋がいるのさ・・・。
そうさ・・・GetRewardsだけで生計を立てる男達が・・・。
それが成り立つ世界、それが、あの世界、そして、あのYokohamaなのさ・・・。

BLRのメンバーが次々にGSのバイトを辞めていったのは、
そっちの方が稼ぎが良いから、と考えれば一番分かりやすい筈さ・・・。


ちなみに、もう一つ、あの世界においての警察の役回りについても推測してみたのさ・・・。

GetRewardsが、市営バスや高速バスにすら適応される事を考えると、
あの世界においては、パトカーにすらも、
そのシステムが成立しているであろう事は、想像に難くない・・・。
なら、迂闊に街に出た瞬間、身ぐるみを持って行かれ、
警察署に車が無くなっちまうって事もある、と俺は考えるのさ・・・。
それ故に、最低限の車を使い、車に関する以外の事件を中心に扱っているのではないか・・・?
・・・実際、本編で警察を見かける事が少なかったのは、
その為、と俺は考えているのさ・・・。

また、シュナイダーは命をRewardsとして持ち出した。
つまり、Rewardsは必ずしも車のパーツに限ったものではないのではないか。

あの世界の警察にとって、走り屋に対する『検挙』とは、走り屋に勝利し、
相手の免許をGetRewardsする事で成立するものなのではないか、と考える。
だが、それだと警察も改造車を持ち出さないと、多分検挙率は上がらないのさ・・・。
けど、その警察サイドのゲームってのも、面白いかもしれないのさ・・・。

さて・・・今夜の推測はこれくらいにするのさ・・・。

「・・・では、またいつでも遊びに来てくださいね、皆さん!」
プロフィール

白翼冥竜

Author:白翼冥竜
辺境ロボットサークルのリーダーにして、
勇者ロボットをこよなく愛する男。

「地平の旅人」第一期、完結。
気になる方は、ピクシブ、もしくはエブリスタで検索を。

ネタやキャラについて語りたくてしょうがないが、本編を書き進めなければ語れぬこのしんどさたるや。
地道に農作業をしつつ、現在「地平の旅人ZWEI」をピクシブにて連載中。

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
シチュー引きずり回し
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
最新記事